金利の高いカードローンやキャッシングを利用するなどして負担が大きいと感じたときには借り換えローンを検討します。これは新しく借りたお金で現在の残高を一括返済するもので、複数の借入を1つにまとめることもできます。
ここで、残高の総額が総量規制の制限である年収の3分の1を超えてしまうと消費者金融は利用できないように思えますが、総量規制は利用者に有利になる借り換えは例外とする規定があるため、法的にはまとめられます。しかし、実際には残高が高いため、審査に通りにくくなります。
そのため、総量規制対象外である銀行の借り換えローンへの申し込みを検討します。こちらの方が金利も低くなるため負担を減らせます。ただし、総量規制対象外であると言っても残高の総額が高ければ審査は厳しくなり、時間もかかります。個人信用情報機関に返済の遅延や債務整理の記録があれば通らなくなるため、負担が大きいと感じたら問題が起きる前に借り換えを利用しておかなければなりません。また、限度額が足りないからと、カードローンやキャッシングの契約数を増やし過ぎた場合も通らなくなるため、安易に契約数を増やさずに、1社の限度額を引き上げる利用をした方が良いです。
なお、借り換えローンは借り先を変更しているだけなので債務整理ではなく、利用することでペナルティを受ける心配はありませんが、借り先を間違えると金利が上がってしまうこともあるため、必ず現在よりも金利が下がることを確認してから申し込みます。