専業主婦が借入をする場合は、本人の収入が無いので、自分名義で申込んでもお金を貸付けてもらうことはできません。そのため、収入のある家族の名義で申込むことになり、多くは配偶者の名義での申込みとなります。本人確認の書類なども、配偶者の物を準備する必要がありますし、審査も配偶者の情報をもとに進められることになります。仮にもし配偶者が延滞をしていて、信用情報にブラックがある場合には、お金を借りることはかなり難しくなります。
また、消費者金融で申込む場合は、事前に配偶者の同意が必要になります。これは総量規制があるためです。総量規制は、名義人の年収の3分の1に相当する額を、借入れ限度額としています。つまり配偶者の限度額を使ってお金を借りることになるので、同意をもらっておかなければならないのです。どうしても配偶者に内緒で借りたい場合は、総量規制対象外の業者を利用するのがいいでしょう。また総量規制そのものが無く、金利も低い銀行のカードローンもお勧めです。
また専業ではなく、仕事をしている主婦の場合は、配偶者名義でなく自分の名前で申込みができます。これだともし配偶者にブラックがあっても、審査には全く影響しませんし、消費者金融で申込む時も同意を得る必要はありません。ですから専業主婦であっても、週に何度かパートで仕事をしているような場合は、自分の名前で申込むこともできます。ただし借入れ可能な額は、本人の収入に見合った額となります。