カードローンやキャッシングの契約数には法律上は制限がないため、いくつでも利用することができます。そのため、1社の利用だけでは金額が足りないときに、同時に複数の会社と契約する人も少なくありませんが、この利用には注意点もあります。
個人信用情報機関には返済の遅延などの金融事故だけでなく、申込の記録も残ります。審査に落ちてしまったときに、短期間に何度も繰り返し申込をすると、何か問題のある利用者であると判定され、機械的に落とされる可能性が高くなります。この記録は6か月間で消えるため、短期間に繰り返してしまった場合は6か月は間を空けなければなりません。
銀行カードローンを利用する場合、総量規制の対象外であるため、現在の他社の借り入れによって借り入れ額に制限がかかることはありません。ただし、これは法律上の制限であり、実際に貸すかどうかは各社に委ねられるため、あまり他社の借り入れが多いと審査に通らなくなります。
複数の借り入れがあると、返済日がそれぞれで異なり、金利にも違いがあるため、返済の計画が立てにくくなります。また、各社の利用限度額が低いため、適用金利は最大に近いものになっており、返済の負担が大きくなります。そのため、返済の負担が大きいと感じるのであれば、おまとめローンなどを利用して借り入れを1社にまとめると返済の計画を立てやすくなり、利用限度額も高くなるため、適用金利が低くなります。特に消費者金融から銀行へ借り換えると金利が下がりやすくなります。