消費者金融のカードローンは、総量規制の対象となる融資となるため、年収の3分の1までの金額を限度として、貸付けすることが認められています。その決まりのため、安定的な収入のない専業主婦の場合は、借入をすることができません。
専業主婦が申し込むには、総量規制対象外の銀行カードローンとなります。メガバンクでも地銀でも構わないのですが、対応の仕方はまちまちで、申し込みの対象としていないこともありますし、対象としていても、配偶者の許可や勤務先への在籍確認が義務付けられているところもあります。配偶者の審査をした上で借入ができるため、限度額が比較的多くなることもありますが、家族に余計な心配を掛けたくない方や、内緒で借り入れをしたい方にはハードルが高く感じられることもあります。
銀行の中には、申込者本人の書類だけで専業主婦の申し込みを受付けているところもあります。インターネットを利用して申し込みできる場合は、運転免許証などの書類をスマートフォンのカメラで撮影して、アプリで送信できるため、所定の口座があれば即日で振り込み融資が可能となることもあります。
ただ、収入がない方の借り入れですので、借入限度額が低めに設定されます。だいたい10万円〜多くても50万円までに設定されていることが多く、増額申請をしても審査に通ることはありません。限度額の中でも低い方にあたり、上限金利が適用されることがほとんどです。余裕のある時は早めに返済して元金を減らし、金利負担を少なくするよう心がける必要があります。